○講演希望者向け FAQ

Q:講演者になりたいのですが、打ち合わせをしたくても、仮住まい先から最寄りのNPOまでの交通費がありません。

A:基本的に今お住まいの県内にあるNPOのスタッフが、そちらへ伺うか、そちらが行ける距離まで伺うこともあります。
 なので、まずはこの講演事業に協働している最寄りのNPOまでお問い合わせください(例:岩手県にお住まいならNPO法人パワーアップ支援室へ連絡、という具合)。
 NPOのスタッフがそちらに伺えない場合、被災地で支援活動を行っているべつのNPOやボランティアのスタッフに車で送迎をしてくれる方がいないか、尋ねてみましょう。
 また、もともとNPOのある町まで行く予定のあるドライバーに片道だけでもお願いしたり、電車代だけで済むなら講演料の入金後で返済することを約束して親しい方から借りる手もあります。
 とくに、未成年や震災孤児の方は、親類や友達の親御さん、役人や教職者の方、福祉関係の大人の方、地元のボランティアの方に事情を話し、協力をお願いしてみましょう。

Q:人前に出られるスーツや、2泊3日分の衣類がありません。

A:講演会ではカジュアルな服装で構いません。
 また、衣類、下着、生理用品、靴などの必需品が不足している場合は、この講演に協働しているNPOに相談してください。
 講演期間中の飲食費についても、講演1週間前から多少の現金を前渡しする場合があります(※講演後にお支払いする講演料から差し引きます)
 講演は基本的に現地での宿泊先に前泊しますので、入浴・歯磨きなどはできます(※日帰り可能な講演会場の場合、宿泊がないこともあります)

Q:乳幼児あるいは小さな子どもと一緒でも参加できますか?

A:参加できます。
 お子さん連れでステージに出ていただいても構いませんし、イベント主催者側にあらかじめ相談して楽屋で待機してもらうためのスタッフをつけていただくようにすることも可能です。
 なお、授乳しながらでも人前に出られる服(授乳服)を、モーハウスという会社が取り扱っています。
 同社は被災地に授乳服を提供しているので、近隣のママさんたちに尋ねるとご存知かもしれません。

Q:大人数の前で講演した経験がありません。大丈夫ですか?

A:大丈夫です。
 基本的に、あらかじめ書いていただく被災体験記の作文をNPOスタッフや、プロの編集者が添削・編集し、商品価値のある内容に仕上げたものを、本番で読み上げれば済むように準備をします。
 また、本番では司会をつけてもらうよう、イベント主催者側にお願いしています。なので、司会から話題や質問を振られたら、それに対して答えればOKです。
 そして、同行するフリーの報道関係者と一緒に話し合うようにトークライブをすれば十分。
 難しいことやわからないことを無理に答える必要はありません。
 震災や被害の程度、日頃からしておくべきだった防災の内容、避難所で切実にほしい支援、困ったとは何かについて、なるだけ具体的にわかりやすく作文に書いておきましょう。
 それを持って打ち合わせしておけば、NPOのスタッフが質問しながら補足してくれます。そこでボリュームアップした作文と画像、フリーの報道関係者によるフォロー説明で十分、1時間以上の講演内容が固まります。

Q:仕事が見つけやすい東京近郊へ疎開したいのですが、講演先から帰る際にそのまま東京に行ってもいいですか?

A:東京駅を経由して講演会場に行く場合ならOKです。
 その場合、講演料は振込になりますので、都内でも引き出せる銀行に口座を作っておいてください。
 また、移転先を必ずNPOスタッフに伝えておいて下さい。
 なお、東京近郊にはゲストハウスという格安賃貸物件が多数あります。ゲストハウスとは、ベッドやエアコン、冷蔵庫などがあらかじめついている部屋が月単位の家賃で借りられる物件。バス・トイレは共用ですが、礼金・敷金は0円、保証人も不要なので即日入居できます。
東京を中心に120棟2000室の物件を管理・運営する業界最大手の株式会社オークハウスは、被災者を対象に100室を初月無料で貸し出し中。つまり、完全無料で即入居できるのです。
ゲストハウスには居住者なら誰でも使える共用のラウンジ(リビングルーム)があり、そこにはテレビ、インターネットのできるパソコン、ダイニングテーブル、ソファなどが設置されているほか、共用キッチンには電子レンジ、炊飯器、調理器具、食器などが揃っています。
 たとえば、青葉台駅から歩ける物件は渋谷まで電車で25分程度。これなら十分に都内近郊の広範囲で仕事を探せるうえに、在日外国人には英語・韓国語・中国語でも対応してくれます。
 なお、東京駅を経由しない場合、講演先からの帰路は変更できません。

 本講演に関するお問い合わせは、下記までお願いします。
 企画・営業・web担当:今一生(こん・いっしょう)
TEL:090-7802-3065(正午~PM10:00)
Skype:con-isshow

共感いただけましたら、記事の下のボタンを押してください。
「t」(twitter)→当サイトのリンク付きでつぶやけます
「f」(facebook)→当サイトへのリンク付きでつぶやけます
「B」(Blogger)→「ブロガー」利用者はブログ記事が書けます
「M」(mail)→友人にメールで当サイトのURLを教えられます